糖尿病の症状の一つ高血糖抑制するための薬が存在します。アカルボースは糖尿病患者を救ってくれる可能性があるのです。アカルボースとは何なのかについてご説明いたしますので、興味があればご覧ください。

  • ホーム
  • アカルボースが成分のグルコバイで糖尿病対策

アカルボースが成分のグルコバイで糖尿病対策

血糖を測定される人

糖尿病とは何らかの原因で血糖値のコントロールが正常に機能しなくなり、血液中のブドウ糖濃度が濃くなってしまっている状態をいいます。
血糖値のコントロールはグルカゴン、インスリンの2つのホルモンの機能によって行われます。
ところがインスリンを産生、分泌する膵臓のβ細胞が破壊されたり、インスリン受容体の感受性が低下することによって血糖コントロールがうまくいかなくなり、糖尿病を発症します。
血糖値が高い状態が長く持続すると、長い年月をかけて血管壁の糖化が進行し、動脈硬化を引き起こし、その周辺組織への血流が滞り、組織を破壊していってしまいます。
また血糖値が著しく高い状態となると糖尿病性昏睡という意識消失が起こることもあります。

糖尿病治療はまず運動療法や食事療法が優先的に行われますが、これで治療効果が得られない場合には薬物療法が行われます。
これには経口血糖降下薬やインスリンの皮下注射が行われるケースが多いです。
経口血糖降下薬の中でもアカルボースは古くから使用されている薬です。
アカルボースは日本ではグルコバイという商品として主に販売されている薬剤です。
糖は単糖にまで分解されなければ消化管から吸収されませんが、アカルボースは二糖から単糖への分解を促す消化管酵素であるα-グリコシダーゼの機能を阻害することによって、糖の消化管吸収を抑制します。
糖尿病患者では特に食後に血糖値が上昇するケースが多く、アカルボースは食事摂取した糖の吸収を抑制するため、特にこの食後過血糖に対して効果を示します。
比較的安全な薬ではありますが、アカルボースの服用によって放屁回数が増加することがあります。
また腸閉塞や肝機能障害などの重大な副作用が起こることもあるので注意しましょう。

サイト内検索
人気記事一覧