糖尿病の症状の一つ高血糖抑制するための薬が存在します。アカルボースは糖尿病患者を救ってくれる可能性があるのです。アカルボースとは何なのかについてご説明いたしますので、興味があればご覧ください。

  • ホーム
  • アカルボースの副作用について

アカルボースの副作用について

白い錠剤と黄色のカプセル

アカルボースは糖尿病の治療に用いられる薬です。
腸管からの糖の吸収を緩やかにする作用があり、食後の高血糖を改善することができます。
そのため血糖降下薬として利用されます。

その作用機構を簡単に述べておきます。
まず、アカルボースはα-グルコシダーゼという糖を分解する酵素のはたらきを阻害する作用があります。
具体的には、アミラーゼ、マルターゼ、スクラーゼ、グルコアミラーゼという、二糖類を単糖に分解する酵素を阻害します。
この作用により、二糖類が単糖になるのに時間が掛かることになりますから、糖の吸収が緩やかになります。
こうして食後の血糖値の急上昇を抑えることができ、必要になるインスリンの量が少なくなることで、膵臓の負担も少なくて済むというわけです。

ではいよいよアカルボースの副作用の話に入ります。
飲み始めには、お腹の調子が悪くなることがあります。
具体的には下痢っぽくなったり、お腹が張って音がなったりします。
これらは吸収されなかった糖分が大腸に届くことで引き起こされます。
この副作用は重症化することはまずありませんし、飲み続けるうちにおさまってくるはずなので、それほど心配は要りません。

また、ほかの血糖降下薬と併用する際には、低血糖状態になる可能性があることも知っておきましょう。
アカルボースはインスリンの分泌を介さない薬なので、単独で使用するときには低血糖は起こりにくいのですが、他の薬と併用すると必要以上に糖の分解が阻害されることが考えられます。
こうなると糖の吸収も遅れてしまい、低血糖を招いてしまいます。
震えやぼんやりするといった感覚があるときには、すぐにブドウ糖を補給してください。

稀なケースですが、肝機能障害も報告されています。
発熱や倦怠感がある場合には医師に報告して指示を受けてください。
リスクを軽減するためにも、必要な知識を入手し、万が一のときにすぐに対応できるようにしておきましょう。